fc2ブログ

1988年 F1第3戦 モナコGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1988年シーズン(総括) » 1988年 F1第3戦 モナコGP

1988年 F1第3戦 モナコGP

1988年 F1第3戦 モナコGP


開催日  :1988年5月12、14,15日
開催国  :モナコ
サーキット:モンテカルロ市街地
予選   :PP(19回目)
決勝   :リタイア


マシン  :マクラーレン MP4/4
エンジン :ホンダ RA168-E 80度V6ターボ


前のレース、サンマリノGPではマクラーレンへ移籍後初勝利を挙げたセナ。

この得意のモナコにも意気揚々と乗り込んできた。


セナは良くのモナコ、予選から他を圧倒する走りを見せる。

木曜、土曜共に最速。

特に土曜日はポールポジションがほぼ決定的になった後も一人異次元のラップを刻み続け、

最終的にはチームメイトのプロストをも1.5秒近く引き離してしまった。


市街地コースで1.5秒の差は大きすぎる差になる。


このときのセナは、無意識で本能のおもむくままにマシンを走らせたそうだ。

そしてある時ふと我に返って、

意識の理解を超えた走りをしていたことに恐怖を感じたのだという。

このあたりが常人では理解できないような領域だったのかもしれない。



決勝レースもセナが無難なスタートを切り、

予選2位のプロストというと予選3位のベルガー(フェラーリ)に1コーナーを奪われ

しばし押さえ込まれながら3位を走行することに。

レースは大きな波乱もなく中盤過ぎまでこのオーダーで進んでいく。


ベルガーに押さえ込まれていたプロストだったが、

ついに54周目にベルガーと捕らえ2位に浮上する。

しかし1位セナとは残り25周ほどのこの時点で46秒以上もの大差がついていた。


ここでプロフェッサーのプロストは考えた。

まともに走ってセナに追いつくことはできない。

それなら自分がペースダウンしてセナの「変化」を誘おうと…。


プロストはペースダウンし、

そのことはロン・デニスを通じて無線でセナに伝わる。

チームとして1-2フィニッシュを決めたいデニスは、

セナにもペースダウンさせ、無用なアタックはしないように指示する。


しかしこのことがセナに「変化」をもたらす。

それまで全力で走っていたのに急にペースダウンしようとしたので集中力が乱れた。

67周目のトンネル前のポルティエコーナーで右後輪がガードレールに軽くヒット。

衝撃自体は大きいものではなかったが、

それでコントロールを失ったセナのマシンは

そのままコーナーを直進し反対側のガードレールに突っ込んでしまった。


セナはマシンを降りて何が起きたか完全に理解できないまま呆然とする。

走り過ぎていくプロストを見ながら、

ヘルメットのストラップをわなわなといじくる。


この後セナはピットに戻ることなくそのままモナコのマンションに帰り、

一人泣いていたという。


セナはプロストの「見えない作戦」にはまってしまった。

速さではセナに絶対的なアドバンテージがあったが、

この頃はまだレースでの駆け引きや戦略ではプロストが長けていた。



セナはこのことをきっかけに、内面にある自身のメンタル面を整理した。

この年は新しいチームに移籍したこともあり、

シーズンオフに前年までの精神的疲れを完全に解消することができず、

内面的問題をかかえながらレースに臨んでいたという。

集中力も時々乱れていたが、セナはそのことについて特別解決しようとはしなかったと語っている。


しかしこのレースがきっかけで自らの問題を再認識し、克服しようと努力した。

セナの家族、特に心理学者の姉・ビビアーニさんの力で精神的安定を取り戻し、

自らの内面を鍛えていく。


攻撃的な自分と冷静な自分とを

完全にコントロールするクリア・マインドを身につけていったのだという。


この1レースだけを見ればリタイア・0ポイントと、

マイナスだったかもしれないが、

セナの人生においては多くのことを学び、

歴史に残る偉大なレーサーへのターニング・ポイントだったと思う。

そしてセナは、神に近づいていったという…。


こうした、経験をもとに人は成長していく。

マイナス面をもプラスに変えるセナは、強い精神力を持ち合わせていたと思う。


少しのマイナスを気にせず次につながるプラスを見ることが大切なんですよね。






banner 3-2
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/103-5457fe21