fc2ブログ

1984年F1開幕戦ブラジルGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年F1開幕戦ブラジルGP

1984年F1開幕戦ブラジルGP

1984年 F1 第1戦 ブラジルGP

日程   :1984年3月23~25日
開催地  :ブラジル
サーキット:アウトドローモ・インターナショナル・ド・リオ・デ・ジャネイロ(ジャカレパガ)

チーム  :トールマン T183B
エンジン :ハート

予選   :16位
決勝   :リタイア(8周、ターボ)


アイルトン・セナのF1の人生は、母国ブラジルよりスタートすることになる。

チームトールマンは1981年に設立された、まだまだ若いチーム。


トールマンのタイヤはピレリ。

このピレリタイヤの減りにセナも苦労し、予選は16番手。


決勝ではスタートダッシュを決め12位までジャンプアップするが、

この後が続かない・・・。

非力なエンジン。

消耗の激しいピレリタイヤとの組み合わせに苦労し、セナのテクニックをもってしても

徐々に後退していくことに・・・・。


その後8周目にターボが故障しリタイアとなる。


後々のセナの功績のスタートとなるセナにとっての初陣は、悔しいリタイアから始まることとなった。。。


 
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/11-880b0981