fc2ブログ

高校時代は、プログラムを独学+学校で習いました - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » プロフィール » 高校時代は、プログラムを独学+学校で習いました

高校時代は、プログラムを独学+学校で習いました

高校時代には、パソコンを購入(X68000)し、

プログラムの勉強をはじめました。


X68000は当時から、今で言う、windowsライクなウインドウ(SX-Window)を

持っており、いち早く、マウス操作による、並列処理を実現していました。

今ほどの処理能力は無いので、遅いですが、並列処理が出来ていました。


当時のパソコンは、キーボードが中心で、

コマンドを入力、画面起動するにもキーボードであった時代です。

もちろん、私もコマンドから勉強しています。


コマンドプロンプトやbasicなども勉強していました。

何をしたかったのか?


それは、ゲームを作りたかったんです。

三国志というゲームを知っていますか?

中国の歴史の一時代を築いた三国志。

魏呉蜀という3つの国が天下統一を掛けて戦うというドラマです。

元々は、3つの国ではなく、いろんな人材が存在していましたが、

最終的には3つの国の戦いになったのです。


その時代のゲームで有名なのが光栄(コーエー)の三国志!


これを初めてプレイして、面白い!と感じ、本を読みだして、

歴史を勉強するようになってきたんですが、

ゲーム性が完成系には近いけど、

「もっとこんな風になれば楽しくなるはず!」

という思いから友達を設計をしたり、ビジュアルを作ったりと

したかったので、basicなどを勉強したのです。


当時から作ることが好きだったので、苦には思いませんでしたし、

楽しかったです^^


今だ完成はせずですが、頭の中には設計が入っています。

もちろん、メモにも残していますので、

いつでも設計再開することは可能なのです。


というように当時から、

無いものは作る

精神でやってきています。


プログラムって勉強していくと難しいからイヤになっていくんですが、

私の場合、当時の夢としてゲームを完成させるということが

あったため、諦めませんでした。

いまだに自分が考えた思想の三国志は出てきていない気がします。


そのスタイルが今の自分にも生きていて、

夢をもったら諦めずに頑張る!

というスタイルで生きています。


夢を持つことは活力にもなるから、ぜひとも持った方がいいですよ!



banner 3-2


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/133-5bf68a44