fc2ブログ

1988年 F1第7戦 フランスGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1988年シーズン(総括) » 1988年 F1第7戦 フランスGP

1988年 F1第7戦 フランスGP

1988年 F1第7戦 フランスGP


開催日  :1988年7月1~3日
開催国  :フランス
サーキット:ポール・リカール サーキット
予選   :2位
決勝   :2位


マシン  :マクラーレン MP4/4
エンジン :ホンダ RA168-E 80度V6ターボ


モナコでの単独クラッシュ以降、

多くのことを学んだセナは精神的にも強くなる。

その成果がより安定したレース運びができるようになったことで証明される。


カナダ、アメリカと連勝。

本格的なヨーロッパラウンドに突入していく。


しかしフランスはチームメイトであるプロストの地元!


セナは開幕から6戦連続でポールポジションを獲得し、

このフランスGPで7戦連続の新記録がかかっていたが、

金曜日からトラブルに見舞われる。


金曜午前にエンジン冷却の問題が出てスペアカーに乗り換えるが、

スペアカーの優先権があるプロストに手渡すことになってしまった。


このことが影響したのか不明だが、

結局予選では金曜、土曜ともにプロストがトップタイム。

セナも一時は逆転するが、プロストの気合が上回った。

これで開幕からの連続ポールポジション記録は途切れ2番グリッドからのスタート。


決勝レース

ポールポジションからプロストが先行し、セナが2番手を走る。

しかし中盤、プロストはタイヤにトラブルが出てピットイン。

さらにピット作業が手間取り10秒以上もロスしたこともあり、

その間にセナがトップに躍り出る。


セナは24周の間レースをリードするが、後方からはプロストが迫る。

そして61周目、周回遅れでつまっていたセナをかわしプロストが再びトップに浮上。


セナは後々、周回遅れを利用し自らのアドバンテージにしていくレースを多くするが、

このレースではプロストにしてやられた。


今思うと、

このレースにおいてセナは「周回遅れの活用法」を学んだのかもしれない。


レースはそのままプロスト、セナの順で終わった。


「ギアレバーの感触がふわふわし始めた。
 そのうち奇数のギアがかみ合わなくなった。
 リードしていたときもギアチェンジに問題があって、
 それはどんどんひどくなるばかりだった。
 アランの行動はあれで正しかった」


トラブルに見舞われたセナだったが、このレースではそれ以上に地元で燃える

プロストの気合が上回ったようなレースだった。


今シーズンは前半から中盤にかけてはセナが優勢に進んでいたが、

地元フランスではプロストが意地を見せた。


だが、このことがきっかけで、セナはさらに進化をすることとなる。




banner 3-2
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/139-5b60b501