fc2ブログ

1991年F1第1戦 アメリカGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1991年シーズン(総括) » 1991年F1第1戦 アメリカGP

1991年F1第1戦 アメリカGP

1991年 F1 第1戦 アメリカGP


開催日  :1991年3月8-10日
開催場所 :アメリカ
サーキット:フェニックス市街地コース
予選   :ポールポジション(53回目)
決勝   :優勝(27回目)


ホンダはこの年、V12エンジンを投入した。

マクラーレンMP4/6も新しく新設計したマシン。

テストも全然出来ない状態で、シャシーにいたっては1週間前に出来たばかりのもの。

このGPに持ち込んだのは3台のマシン。

しかし3台のうち2台がぶっつけ本番で走る。


F1開幕戦にとって、一番大事な信頼性、エンジンパフォーマンス、シャシー性能はどれほどのものかを

開幕戦で試す形となった。。。


今年のドライバーラインアップは、アイルトンセナ・ゲルハルトベルガーのコンビ。


2人はシーズンのオフ期間の過ごし方が全く違った。

セナはブラジルにて休養&トレーニング。

ベルガーはテスト・開発に積極的に参加。



セナは開幕戦のスタートを切る時の姿は、コクピットに収まり、

手を挙げて、指を1本立てる姿を取っている。


金曜日の予選、セナのエンジンがスタートしないというトラブルが発生した。


セナのタイムアタック中に赤旗中段となったこともあり、

金曜日の予選のトップはフェラーリのアレジ。


そのまま土曜日の予選へ突入するが、


2位のプロストに1秒以上、ベルガーにいたっては、2.3秒の差をつけポールポジション獲得。


この時点では、新車マクラーレンMP4/6のポテンシャルの高さは実証されつつあった。

しかし、レースは長いので信頼性があるかどうかは、いまだに未知数となる。


日曜日の決勝、セナは得意のストリートコースということもあり、

第1コーナーをセナがトップで回るとあとは、トップを譲ることなく、毎周回同じビデオを見ているかのような

正確なハンドリングと安定のあるレース運びでレースを引っ張り、圧倒的な勝利を挙げる。


1990年までは、16戦中11戦の成績が有効になるポイント制を取っていたが、

1991年からは、全戦でポイントを有効にする方式に変更された。


そのため、どのレースも落とせない。

しかし、このことは安定感と速さの融合を決めたセナにとってはあまり関係のないことになるだろう。

と思わせるほどの完璧なレースであった。


ただ、やはり新車は何が起こるか分からない。


実際に、ギアボックスのトラブルは発生したが、レースはセナの圧倒的な状況になっていたため、

マシンをいたわる走りを見せ、2位のプロストを圧勝。


これで通算27勝。

あのジャッキー・スチュワートに並ぶ市場2位の成績。


2年連続3回目のワールドチャンピオンに向けてこれ以上ない成績でスタートを切れた。



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/14-f5f4f4f2