fc2ブログ

1988年 F1第8戦 イギリスGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1988年シーズン(総括) » 1988年 F1第8戦 イギリスGP

1988年 F1第8戦 イギリスGP

1988年 F1第8戦 イギリスGP


開催日  :1988年7月8~10日
開催国  :イギリス
サーキット:シルバーストン サーキット
予選   :3位
決勝   :優勝(10回目)


マシン  :マクラーレン MP4/4
エンジン :ホンダ RA168-E 80度V6ターボ


今シーズンの開幕以来、

破竹の勢いでポールポジションを獲得してきたセナ。

しかし前戦フランスGPではポールポジションをプロストに奪われた。

このシルバーストンではプロストではなく、フェラーリが勢いを見せることになる。


金曜日

マクラーレンのセナ、プロストは共にマシンのハンドリングに悩まされ、

その改善のために多くの時間が費すこととなった。

この間にフェラーリのベルガー、アルボレートがフロントロウを独占!


土曜日

マクラーレン、2人ののハンドリングは大して改善されることが無く、

セナはストウコーナーで2度もスピンを喫する。

ただこの時は芸術的にマシンを立て直し、

何事もなかったかのように走り去っていったという。


さらにセナはエンジンを載せ換えるといった事態にも見舞われ、

金曜のタイムをわずかに0.171秒だけ縮めただけで、順位を変えることは出来ず。

フロントロウはフェラーリ勢が奪い、セナは3位、プロストは4位となる


決勝レース

雨の中で開催されることとなった。

トップはポールポジションから無難なスタートを決めたベルガー。

セナは1周目にアルボレートを抜いて2位に浮上しベルガーを追走。


ベルガーと激しくやりあう一方で、

セナはレースディスタンスを視野に入れて周回を重ねていく。

「ベルガーのスピードだと、ベルガーも僕も燃料がもたないと思った。
 それで、スピードを少し緩めた」


チャンスを待った14周目

ウッドコート・コーナーへ向かうところでベルガーをパスし ついに1位に浮上!

その直後、なんと周回遅れのプロストとセナがあわや接触かといった危険な場面があったが、

うまく切り抜けた。

コースは水しぶきで視界が非常に悪い。


セナはその後は燃費を気にしつつベルガー以下を引き離して優勝。

通算10勝目を飾る。


セナのドライビングは雨などの特異な状況下ではさらに引き立たせる結果になる。


途中まで2位を走行していたベルガーは終盤に後退し、

ベルガーに代わり2位に入ったのは

この年ここまで全レースリタイアと全くいいところがなかったマンセル(ウイリアムズ)。

マンセルは地元イギリスが相性が良くいい走りを見せる。


プロストは一番嫌いな水しぶきに加え、

ハンドリングが改善されずクラッチにも問題を抱え、

16位走行中の25周目にリタイア。

こちらは全くいいところがなくレースを終えた。


セナは前戦で学んだことを実践する。

前に走っているマシンをすぐに抜くことだけを考えず、

レース全体を冷静に分析し、組み立てていく。

速さに加え、レースでのうまさ・強さを兼ね備えたセナは、この後の中盤戦を圧巻していく。




banner 3-2
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/140-382bfb80