FC2ブログ

セナの技術力(感知能力) - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » スポンサー広告 » セナの技術力 » セナの技術力(感知能力)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セナの技術力(感知能力)

アイルトン・セナは1984年にF1の世界に飛び込みました!

この時代は、ホンダが第2期のF1活動を再開(1983年~)

ホンダは、コンピュータ・テレメトリーを本格的に導入。

ピット自体も整備工場のような雰囲気からコンピュータ管理されるような雰囲気になってきた。


ロータス時代にあったセナのお話。

セナはテスト中に各コーナーのエンジン回転数を感知、記憶した。

ドライビング中にマシン状態を感知、記憶していくというのは、

並大抵のことでは不可能だと思われる。


ピットに戻ってテレメトリーでエンジン回転数を調査すると

セナの記憶とのギャップが無く全く同じであった。


また、

セッティングを変えることによってラップタイムの変化を予測

その後実際に予測したタイムを出したということが記憶されている。


1987年ブラジルGPにおいて、ホンダと組んだ最初の年。

セナはエンジンの異変を感じ取った

壊さないうちにレース途中、マシンをコース脇に止めた。

ピットに戻ってきたエンジンをホンダスタッフが調べたが、異常は無いと判断。

ホンダスタッフはセナのことを疑っていた。

その後エンジンを分解し解析調査していくと、

ピストンが焼き付く寸前だったという。

この一見以降ホンダスタッフはセナに対して信頼を厚くしていき、

セナのマシン感知能力に改めて感銘したという。


セナの限界を感知する能力の特徴的なものとして

細かいアクセルオンオフを行う「セナ足」がある。


そのほかにも


ブレーキのわずかなバランス変化を指摘

マシン底部のアンダートレイのボルトの締め具合を確認調整させる

F1以前のカート時代には1mmという小さな差だが、タイヤの大きさの違いに気がつく

という本能的なセナのマシン感知能力についてのエピソードはまだまだあるんです!!




TAGHeuer タグ・ホイヤー/セル(アイルトンセナ限定モデル)
【大黒屋質店出品】【中古】
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/144-7e059405

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。