fc2ブログ

1991年 F1第2戦 ブラジルGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1991年シーズン(総括) » 1991年 F1第2戦 ブラジルGP

1991年 F1第2戦 ブラジルGP

1991年 F1第2戦 ブラジルGP


開催日  :1991年3月22-24日
開催国  :ブラジル
サーキット:インテルラゴス(アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ)
予選   :PP(54回目)
決勝   :優勝(28回目)



アイルトンセナにとって、F1デビューから8回目の挑戦となる地元ブラジルGP。

過去7回は、アクシデント、トラブル、失格などで一度もブラジルでの優勝が無いセナ。


セナは小さい頃にエマーソン・フィッチュパルディのブラジル・インテルラゴスでの優勝を見て

F1への夢、想いが深まった。


セナはこの当時でトップクラスのドライバーとなっていたが、

セナにとっては、この地元での優勝は夢の一つであった。


開幕戦のアメリカGPでは結果的には圧勝。

だが、ブラジルにはいると、ウイリアムズ勢がセナに肉薄してくる。


予選でもセナがセッティングを必死にして出したタイムをウイリアムズ勢はあっさりと抜き去る。


最終的なセッティングでギリギリのドライビングで、なんとかポールポジションを獲得。


決勝レースは、セナとマンセルが良い勝負を繰り広げる。


マンセルは、セミオートマギアボックスにトラブルを抱えてしまい、50周を過ぎた後、

第1コーナーで大スピンを喫し、コースに戻ろうとするが、ゆるゆるとしか動けず結局リタイア。


この時点で、セナファンは大興奮状態に!!


3位のパトレーゼが徐々に20秒以上あった差を縮めてくる。


この頃セナは、3速、5速にギアが入らない状態になり、最終的には6速のみで走った。


これはオンボードカメラでもはっきりと分かる状態となっている。

低速コーナーにもかかわらず、本来なら3→2→1と下げていくためギアチェンジをする右手が

動いていないのである。

体力も限界になり、目もうつろになりながら、レースを諦めかけたという。


だが、諦めなかったセナに

天は見方した!


パトレーゼが一つの画面にとらえれるようになってきたころ、

突然の雨が降り出し、パトレーゼは今までの追いつきモードが低くなる。


雨を得意としているセナであったから、この限界に近い体力や精神力の状態で走り切れたのである。


結局2.9秒差で逃げ切り、ブラジルGP初優勝!

ゴール後は、無線を通じてセナの叫び声、鳴き声が放送された!



セナは自力でマシンを降りれなく、救助される形で車を降り、表彰台へと向かった。


肩に青いラインを残したまま表彰台にあがるセナの姿、

ブラジルの国旗を掲げるセナの姿、

シャンパンを頭から浴びる姿

が今でも心に焼き付いている。


そして、傍らで印象的だったのが、疲労困憊のセナに対して、

涼しい顔をして表彰台にいるパトレーゼの姿があった。


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/15-2b381aff