fc2ブログ

ことわざ:損して得取る - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 0から稼ぐ » ことわざ:損して得取る

ことわざ:損して得取る

こんばんは、三国志が昔から好きで孔明命?!の貴です。


有名なことわざで

「損して得取る」

という言葉があります。


私は、ふっとこの言葉が頭によぎりました。

それでいて気になったんですね。。。

それで調べてみました。

故事ことわざ辞典より-------------------

 長期的なまた大きな視野に立って考えて初めて理解できます。

 一時的には損に思えても、

 将来永続的な益がそれによって得られる
なら、

 それは得策でしょう。

 また、限られた視野からは損失と見えても、

 もっと広い視野から見るとき全体としてプラスなら、

 それも望ましいことです。

 「木を見て森を見ず」にならないようにしましょう。

 では、時間的にも、また別の点からも大きな視野で見るようにしましょう。

━Check Point━

 checkbox06_icon.gif 長期的な見方をする。

 
checkbox06_icon.gif より広い視野から見る。

 
checkbox06_icon.gif 人格の向上に資するか。

 
checkbox06_icon.gif 良い人間関係に資するか。

 
checkbox06_icon.gif 近視眼的にならない。


損して得取る

 一時は損をしても将来の大きな利益を計る。

 損をしたようで実は大いに得をする。
 
 「木を見て森を見ず」
 
 細部に気を取られて大局を見失うこと。

英文

 You can not see the wood for trees.
 (木を見て森を見ず)

【用例】

 「経費もかかるし準備金もかかるが、

 良いものを作れば必ず見返りがあると信じている。

 損して得取れの精神で、

 これからも目先の利益にはこだわらないで商売していくよ」

故事ことわざ辞典より-------------------

この言葉は今の私にとってとても響いた言葉ですね。

相当の利益を上げたいという気持ちがあれば、

必ず最初、準備などの段階では
リスクを負う。


だけどそのリスクを負いたくないからという理由で

その先にまっている利益を見ない。


現実的に考えてここの部分「損」をして、「得」を得れるかどうかの

見極めはすごく難しい物
がありますが、

確実に利益が出ることが解っているものにたいしても、

リスク(損)を追わないというのは、私はダメだと考えます。


利益が見えている物に対してリスクを負えないなら、

ずっと利益が出ない状況が続くということになりますから。




banner 3-2
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/165-12944b37