私の経験上、人は行動するのはためらう方が多い - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » スポンサー広告 » 0から稼ぐ » 私の経験上、人は行動するのはためらう方が多い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の経験上、人は行動するのはためらう方が多い

最近は、自社システムの開発で忙しいけど楽しんでいる貴です。

今まで18年仕事をしてきて、その内ネットでは2年。

その中の経験から仕事やビジネスをする上での前提条件があります。


それは何かというと、

「人は、絶対に行動しない。」

といことです。

「みんな忙しい」

からなんですよね。

よほどのベネフィット、利益があるか、

行動しないと不利益を被ることが確実な場合でないと人は行動しません

そういう理由から、

”多くの人が成功できない”んです。

9割以上の人が決断を先送りにします。

人は本来、保守的な生き物で変化を嫌います。

今の環境に満足をし、新しい環境を否定、嫌がる傾向があります。

行動には勇気がいるからです。決断には、勇気がいる。

でも、決断すれば人生が動きます。


そういうものなのです。

私は1998年から(古!!)会社でコンピュータ関係の部署に異動しました。

2000年問題があるからです。

システムの中に日付を保持している場合で、2桁で年を持っている場合、

98/1/5 など

2000年になると

00/1/5 となり、1900年1月5日と認識するんです。

そのため、

年を2桁から4桁にする必要がある。

そのための改良をするためにこの時期は頑張ってきました。

だけど、

社内システムにはそれ以外にも問題がたくさんありました。

同じことを何種類も入力しないといけないという問題。

1つ、オフコンへ入力
1つ、クライアントサーバへ入力
1つ、ローカルのシステムへ入力

という風に複数の端末へ入力しないといけなかったのです。

これだと効率が悪いです。

ですから、2000年問題をきっかけに、統合できるシステムを開発するために

動き出しました。

当然現場は、今の環境を変えてしまうので反対意見ばかり。

でも「そんな3つも4つも同じ事を入力する環境がいつまでも続いていいのか?」

「残業が増えるし、しんどくありませんか?」


「次のシステムが完成すれば、、現場の気持ちを踏まえたシステムになるから、

使いやすくなり、残業も減りストレスが無くなりますよ」


などと説得をしていきました。

最初はすごく抵抗されてきたんですが、

キックオフ(プロジェクトを始めるためのミーティング)をすると、

現場担当者もやる気が出てきたみたいで、一緒に頑張ってきました。

最終的に完成し、リリースをしたんですが、

現場の意見をちゃんと聞きシステム的にも使いやすいように

出来たシステムなので、

作った側、利用する側も納得して、

「出来て良かった」

という意見をもらい、

私はすごく嬉しくて始めてプロジェクトリーダーをしたんですが泣いちゃいました!

13ヶ月と長い時間を掛けて作ったシステムが完成したことと、

みんなから作って良かった!

って言われたことがとても嬉しくて感動したんです。

実際に、残業も無くなり、重複操作がなくなり、一元管理を出来る

楽さを実感してもらえたことが良かった
んです。

そのシステムの根幹か今も残っているのでずっと使えています。

最初はしんどい思いをしていても、環境を変えることを抵抗していた人たちも

使ってみたら変えて良かったって言ってもらえるのが嬉しいですし、

その言葉のために、

システム管理をしてきている身としてはこれ以上の言葉は無いですね。


嬉しい経験をさせていただきました。


環境を変える、

確かに大変なんだけど、

変えることでどれだけのことが変わるのかをちゃんと説明できれば、

納得してもらえて、動いてもらえるんだ!

ということを学んだ年でした。



だから、


今でも今の環境に固執してそのままでいることを望んでいる人がいる場合、

変化を求めるだけではなく、

変化することでどれだけのことが変わるか

理解できるようにするのが一番だということですよね!!





スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/189-def03356

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。