アイルトンセナはフェラーリに乗りたかった。 - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » スポンサー広告 » 1991年シーズン(総括) » アイルトンセナはフェラーリに乗りたかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイルトンセナはフェラーリに乗りたかった。

アイルトン・セナはロータス・マクラーレン・ウィリアムズなどのチームに所属したが、

フェラーリには乗っていない。

セナはフェラーリに乗ってチャンピオンになりたいとも考えていた時期がある。


でもマクラーレンとの契約やライバルプロストの関係で

フェラーリに行くことは無かった。


そのため、セナはマクラーレンに頼み、

「フェラーリに行けないからフェラーリに似たデザインのマシンにしてくれ。」

と言ったという。

そして、出来上がってきたマクラーレンMP4/6

サイドポンツーンの高さなどがフェラーリ風に設計されていた。


まあ、逸話だろうが、マクラーレンがフェラーリ風にしてきたのは事実である。


セナがフェラーリに行かないようにマクラーレンも対策を取ったのかもしれないですね。

敵チームに行かれてライバルになるのであれば、

似たデザインにして、自チームに留まってもらい、

勝利を挙げる方が良いと考えたマクラーレンサイドの思いかもしれない。


でもこれもお互いの信頼関係があるから成り立つ訳なので、

実績も無いドライバーがそんなことを言っても無視されるだけなのである。

セナだからこそ、実現できたことなのかもしれないです。



スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/213-7bf6173c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。