FC2ブログ

NSXの歴史 - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » スポンサー広告 » NSX » NSXの歴史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NSXの歴史

セナも開発に関係したNSX

その登場は1990年に遡る


1990年【NSX誕生】
Ⅰ型 E-NA1型(1990-1996年)
Honda_NSX_1.jpg
・ミッドシップ・リアドライブ
・フォワードキャノピーデザイン
・オールアルミボディで鋼板比約200kg軽量化
・リニアな加速感・V6 3リッターDOHC VTEC
・1名乗車時、42:58の前後重量配分
・オールアルミ4輪ダブルウィッシュボーン・サスペンション
・前後異径タイヤ
・トラクションコントロール・4チャンネルABS
・電動パワーステアリング
・運転席用SRSエアバッグシステム標準装備


1992年【NSX-誕生】
Honda_NSX_2.jpg
・約120kgに及ぶさらなる軽量化
・徹底したハードサスペンションチューニング
・専用レカロ社製フルバケットシート
・専用MOMO社製ステアリングホイール
・チタン削り出しシフトノブ
・3年間の限定生産
・チャンピオンシップホワイト登場


1993年【マイナーチェンジ】
・MT車に電動パワステを設定
・セキュリティシステムを採用
・助手席用SRSエアバッグを設定


1994年【マイナーチェンジ】
・16/17インチホイールと40/45タイヤを開発
・強化ブレーキパッド(GPパッド)を開発


1995年【マイナーチェンジ&NSX-T登場】
 ・電子スロットルDBW開発
 ・マニュアル感覚のスポーツAT、Fマチックを開発
 ・トルクアクティブプリロード型LSD開発
 ・耐ハイドロ性能に優れたツイントレッドタイヤ開発

Type-Tの特徴
・高剛性オープントップボディ
・リアキャノピー内収納型ルーフシステム
Honda_NSX_3.jpg


1997年【マイナーチェンジ&NSX-S登場】
Ⅱ型 GH-NA2/GH-NA1型(1997-2000年)

・MTモデルを3.2リッターへ排気量アップ
・3.2リッター化に伴い、ガスケット、クランクシャフト、ピストンピンを強化
・MTモデルの排気マニホールドをステンレス化
・マニュアルトランスミッションを6速化
・MTモデルにデュアルマス・フライホイールを採用
・アルミボディ材の軽量化及び強度アップ
・前後ブレーキディスクローターを16インチ化
・MTモデルのサスペンションをよりシャープに
・電動パワーステアリングを熟成
・Fマチックのシフト制御を熟成
・空力向上新フロントロアスカートを採用
・高熱線吸収UVカットガラスの採用
・ディスチャージヘッドライトを設定
・ナビゲーションシステムを設定
・BBS軽量アルミホイールを設定

Type-Sの特徴
・約45kgのウエイトダウン
・専用デザインのレカロ社製フルバケットシート
・MOMO社製本革巻きステアリングホイール

Honda_NSX_4.jpg


1999年【マイナーチェンジ】
・先進の低排出ガス化を実現したLEVエンジンを搭載
・MTの5-6速にダブルコーンシンクロナイザーを適用
・ATのシフトマネジメントの熟成
・内装にパンチングレザー採用、ギャザーレス化
・ABSシステムを強化
・DBWの熟成
・タイプS Zeroを除く全モデルにディスチャージヘッドライトを標準装備


2001年【ビッグマイナーチェンジ】
Ⅲ型 LA-NA2/LA-NA1型(2001-2005年)

Honda_NSX_5.jpg
・リトラ廃止


2002年【NSX- ビッグマイナーチェンジ】
Honda_NSX_6.jpg


2005年【NSX- GT登場】
Honda_NSX_7-2005.jpg
・2月22日に登場
・限定5台生産、1台販売実績
・価格は5000万


2013年【NSXプロトタイプ登場】
Honda_NSX_8.jpg


2013年【NSX スーパーGT用プロトタイプ登場】
Honda_NSX_9_GT.jpg





スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/218-592a14a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。