fc2ブログ

1988年 F1第1戦 ブラジルGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1988年シーズン(総括) » 1988年 F1第1戦 ブラジルGP

1988年 F1第1戦 ブラジルGP

1988年 F1第1戦 ブラジルGP


開催日  :1988年4月1~3日
開催国  :ブラジル
サーキット:ネルソン・ピケ(アウトドローモ・ネルソン・ピケ)
予選   :PP(17回目)
決勝   :失格


マシン  :マクラーレン MP4/4
エンジン :ホンダ RA168-E 80度V6ターボ


この年最強のチームで、最新のシャシー、超高スペックのホンダターボエンジンと、

セナがチャンピオンになるための環境はすべて揃った。


不安は何もない。

アラン・プロスト以外は・・・・このプロストはすでに2度のチャンピオンを得たドライバー

それに通算最多勝利を更新するというプロフェッサープロストが相手。


セナがワールドチャンピオンになるためには、最大のライバルであるプロストに勝たなければならない。

この年、セナはチャンピオンになる固い決意を固めることになる。

その勢いは予選から発揮!

金曜日・土曜日とトップタイムをたたき出しポールポジション獲得。

2位のフェラーリに0.5秒の差をつけた。

しかし、マクラーレン・ホンダ陣営とも常に慎重を喫す。


そして、決勝。

フォーメーションラップを終えグリッドにつくと、セナが大きく手を振っている。

突然ギアが壊れた!

レースは再スタートされるが、マクラーレンはセナにスペアカーに乗るように指示。

そして、ピットからスタートすることになる。

 1周目 :21位
 8周目 :10位
13周目 : 6位
19周目 : 3位
20周目 : 2位

そして、タイヤ交換のためピットイン。

ここでエンジンがストールし32秒のロスをしたことがきっかけとなり6位でコースに戻る。

だが、この32秒のロスもセナの走りには関係がなかった。

序盤の追い上げ同様に他社を圧倒する走りを見せる。

しかし・・・・そんなセナに、31周目黒旗、失格が告げられる。

理由は

スタートでグリーンフラッグ(オールクリア)のサイン後にはマシンを乗り換えてはいけない。

というレギュレーション(ルール)に違反したため。


スタート時点での違反なのに31周も走ってからの裁定になったのか。。。。

それは、その間マクラーレンのロン・デニスが抗議をしていたため裁定が遅くなった。


これは、セナにミスがあったわけではなく、チームのミス。

地元ブラジルは意気消沈となったが、予選の速さ、決勝での速さを考えれば

この年のセナの活躍を予言しない人はいないくらい、すばらしいレースでもあったと言える。



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/30-07fa0369