fc2ブログ

1984年 F1 第4戦 サンマリノGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年 F1 第4戦 サンマリノGP

1984年 F1 第4戦 サンマリノGP

1984年 F1 第4戦 サンマリノGP


開催日  :1984年5月3~5日
開催国  :サンマリノ
サーキット:アウトドローモ・エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ
予選   :28位
決勝   :--

マシン  :トールマン TG183B
エンジン :ハート

開幕戦はリタイア、2~3戦は入賞となる活躍を見いだしてきたセナ。

新人にもかかわらず存在感を示しつつあったセナであったが、

タイヤメーカーとチームとの間でトラブルが発生した。


トールマンは数年ピレリタイヤと組んできたがここにきて、関係が良くない。

トールマンは、ピレリに対して、要求をしているにも係わらず、チームの指示などに従わない。

その上性能面でも劣っていることを実感していた。


そのため、ミシュランと手を組もうと考えてテストもしてきていた。

テストではセナも同行したが、ミシュラン側の関係者もセナのマシン開発能力にビックリしたという。


ピレリからミシュランに切替を迅速にする予定であったが、サンマリノはイタリアというところもあり、

ピレリにとっても地元にあたるため、発表はレース後にすることにしていた。

しかし、チームとピレリとの間に金銭トラブルが発生したため、予選からタイヤが供給できずにいた。

土曜日には、タイヤは供給されたが、雨の影響と、燃料系のトラブルが発生したため、満足なアタックが

出来ない状況にあり、セナにとっては予選28位、予選落ちという経験を初めてすることになる。


セナのレース人生の中で、予選落ちというのは、後にも先にもこの一戦だけ。


セナは65回のポールポジション。

イモラサーキットでは、1985年~91年の7年間連続ポールポジションという記録ももっている。

そんなセナが予選落ちをするという経験をこのイモラでした。


今回のレースは予選落ちを経験したが、ピレリからミシュランへタイヤをスイッチしたことで

レーススピードが上がるということで、良い選択肢だったということを言い聞かせた。


そして、10年後のこのイモラでアイルトン・セナは英雄になったのである。



 
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/41-20dc9b93