fc2ブログ

1984年 F1 第5戦 フランスGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年 F1 第5戦 フランスGP

1984年 F1 第5戦 フランスGP

1984年 F1 第5戦 フランスGP


開催日  :1984年5月18~20日
開催国  :フランス
サーキット:ディジョン サーキット
予選   :13位
決勝   :リタイア

マシン  :トールマン TG184
エンジン :ハート

前回のサンマリノGPでは、予選落ちという経験をしたセナ。

そして、このフランスから待ちに待った新車TG184がデビューすることとなり、

ミシュランタイヤも供給が始まった。


183Bと184では操縦性の能力が格段にアップ。

金曜日の予選、この日は13位とまあまあの滑り出し。

アタックをしようとしたときに、ニキ・ラウダがコース上にオイルを捲いたため、セナ的には不満の残る走りだった。


土曜日は、雨のため、予選順位は、変更泣く終わり、ミシュランのタイヤ性能の関係もあり、

金曜日・土曜日と満足いく結果を出せて折らずフラストレーションのたまる日となった。


しかし、チームメイトのチェコットよりは2.4秒の差を着けたのが唯一の良いところか。


決勝では、順調に順位をあげるが、ブラバムのファビとウイリアムズのラフィットの間に入る格好で

9位を走行中にターボが壊れリタイアした。


このレースはセナにとって、悪いイメージでしかないレースになってしまったが、

新車184とミシュランのポテンシャルの高さは評価されるべきものになった。


 
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/43-faf2f27f