fc2ブログ

1984年 F1 第6戦 モナコGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年 F1 第6戦 モナコGP

1984年 F1 第6戦 モナコGP

1984年 F1 第6戦 モナコGP


開催日  :1984年5月31、6月2~3日
開催国  :モナコ
サーキット:モンテカルロ市街地コース
予選   :13位
決勝   :2位

マシン  :トールマン TG184
エンジン :ハート


セナのモナコ初参戦。

セナとモナコの強い絆はここから始まった・・・・。


セナはここまで6戦を戦ってきて、予選落ち、トラブル、リタイアを経験してきた。

その反面6位入賞というポイント獲得も経験してきて、1発屋の印象、もしくは、それなりの評価に落ち着いている。


そして、伝統のレースでもあるモナコにセナは初参戦。

1回目の予選、開始してすぐにバリアに激突し、サスペンションを破損。

何とも言えないスタートから始まった。

その後は、スペアカーに乗り換えて15番手。

予選最終日では、25周という距離を走り、コースの特性を学習する。

そして、予選順位は13位に上げることが出来た。


そして、決勝!

決勝では大雨の中開催された。

1周目で3台がリタイア、セナは9位まで順位を上げることとなる。


このモナコGPは、ドライバーの中では「モナコでの勝利は2勝、3勝分に値する。」と評価されるくらい、

難コース。

それに加えての大雨とレースコンディションは最悪。

その後もドライバーは次々リタイアしていく。


そんな中、トップ争いは、マクラーレンのアラン・プロストとロータスのナイジェル・マンセル。

プロストはポールポジションからスタートし、1位走行を続けていたが、11周目にマンセルにかわされる。


マンセルはF1で初めて1位走行、それもモナコで・・・というチャンスが訪れた。

(結局マンセルは生涯にわたりモナコで勝利することは無かった)



しかしマンセルは雨が嫌いなため、ペースを上げれない。

その後方で、とてつもない速さで追い上げてくるマシンがある。


セナのトールマン

マシンというのは、ドライ路面ではマシンの差は顕著に出るため、なかなか中盤チームにとっては、

上位を狙いにくい。

だが、雨になるとマシンの性能差は小さくなるため、ドライバーの精神力、腕がパフォーマンスを示す。

そのセナは9周目に6位まで浮上していた。


モナコは屈指の難コース。それに加えて、抜きにくいサーキット。

しかしセナは、雨の中慎重に走るドライバーを見向きもせず、オーバーテイクをしていき順位を上げる。


12種目には82年のチャンピオン、ケケ、14周目にアルヌーをオーバーテイクし4位へ。

16周目には、マンセルがリタイア。プロストが1位になる。

セナは、このおかげで3位を走行することとなる。

19周目には、ニキ・ラウダ(マクラーレン)をかわして2位に浮上!!


雨もセナの勢いも止まらない!


1位のプロストに対し、1~2秒、最大5秒のラップタイム差を着けて追い上げる!

20周目にはプロストとセナの間には34秒の差があったのだが、31周目には7秒にまで縮まる。

セナはまだ手をゆるめることをしなかった。プロストを追い詰めるのである。


しかし・・・・大粒の雨、大雨のため、プロストはピットにレース中止を訴える。

この訴えが、オフィシャルスターターに受け入れられて、

プロストはホームストレートの端に慎重にマシンを止めた。


セナはそうとは知らずプロストの脇をセナは全速力で駆け抜ける。


セナは、プロストを抜き勝利したと確信したが、レースは31周終了時点の順位が結果になる。

レース記録はプロストから7秒遅れの2位。


だが、あと数周あれば・・・・レースの世界では無いたらればだが、後数周あれば、

セナはプロストを捉えていたことは誰にでも理解できる範囲のことだった。


F1デビュー6戦。

初めての表彰台、それもモナコでの表彰台にもかかわらず、セナは、イライラしていたという・・・・。


セナのチームは中堅。しかしセナは優勝することしか考えていなかったのかもしれない。

2位表彰台、ファステストラップもたたき出したが、あの一歩、もう一歩のところでプロストの訴えによって

レースを強制的に止められ、優勝を逃した悔しさがよほど大きかったように思える。


この年、セナともう一人注目されている新人がいた。

ティレルのステファン・ベロフ。

彼はセナ以上のラップタイムで3位になった。

もしも、レースが続いていたら優勝していたのは、セナではなく、ベロフだったのでは?

と推測する関係者もいるほどだった。


このレースで、一気に注目を浴びることとなるセナ。


優勝まであと一歩・・・・でも、モナコの神様はこれを見守っていたのだろう。

これがセナへ与えた、モナコマイスターへの道の最初の関門だったのかもしれない。

この2位をきっかけに、報道陣も騒がしくなり、歴代のチャンピオンよりも記憶と記録に残る活躍を

していくドライバーへと進化していくのである。


 
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/47-58faa276