fc2ブログ

1984年 F1 第7戦 カナダGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年 F1 第7戦 カナダGP

1984年 F1 第7戦 カナダGP

1984年 F1 第7戦 カナダGP


開催日  :1984年6月15~17日
開催国  :カナダ
サーキット:ジル・ビルヌーブ
予選   :9位
決勝   :7位

マシン  :トールマン TG184
エンジン :ハート


雨のモナコから数日、セナは世間を騒がせることになる。

そして、続くカナダGP。

予選金・土曜日とも9位で終わる。

しかし、


BMW、ルノー、ポルシェなどのエンジンサプライヤーと比較しても明らかにパワー不足の

ハートエンジン。

だが、ポールポジションのネルソン・ピケから2秒後方、チームメイトには4秒以上の差をつけている。


トータルパッケージで劣る、トールマンで、この走りをしているセナは、

マシン性能を100%以上のものを出して運転しているのである。


決勝は15周目に6位まで入るが、中盤以降9位までポジションを下げる、

しかし7位まで順位をあげてフィニッシュ。



セナのポジションダウンの原因は、体力。

セナは、常にこの体力不足が指摘されてきた。

しかし、このことがきかっけで、専属トレーナーをつけ、トレーニングをすることで、

持久力のある肉体を作り上げていくようになる。

セナは、心拍数ですら調整出来るような身体を手に入れたことになる。



 
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/49-9fee7cb0