fc2ブログ

1984年 F1 第8戦 アメリカ東GP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年 F1 第8戦 アメリカ東GP

1984年 F1 第8戦 アメリカ東GP

1984年 F1 第8戦 アメリカ東GP


開催日  :1984年6月22~24日
開催国  :アメリカ
サーキット:デトロイト市街地コース
予選   :7位
決勝   :リタイア

マシン  :トールマン TG184
エンジン :ハート


2週連続開催のアメリカ東GP。

アメリカ・デトロイトは、市街地コース。

荒れた路面を得意とするセナだが、金曜日予選、7位と順調に見えたが、マシンをクラッシュさせ

火災まで伴った。

そのため予選は赤旗中断となる。


土曜日までにチームはマシンを修復させ、予選に挑む。順位は7位と金曜日と変わらないが、

4.5秒縮めての7位なので、前日のことを考えると、結果としてはOK。


日曜日決勝。トールマンは特別仕様のマシンで挑むが、スタート直後多重事故が発生。

ピケのタイヤが激しく飛び、セナのマシンに直撃しサスペンションを傷めた。


その後、レースは赤旗中断。

セナは。スペアカー(予備)に乗り換えて走る。

路面は荒れた状態の中、2回目のスタート。

2回目のスタートでも混戦となるが、セナは事故を避けるためにコースを外れて走行した。


セナはその関係で10位を走行したが、20周目に8位まで追い上げた。

しかし、22周目の最終コーナーでリアタイアがスリップしタイヤウォールに激突して、リタイアとなった。


今思うと市街地コースでのクラッシュはめずらしい。

しかし、クラッシュ・リタイアしても次に活かすのがセナの真骨頂。


アメリカ・デトロイトでは86年から3連勝、フェニックスでは3戦2勝、あのモナコでも5年連続を含み

6勝と市街地コースで必要な集中力とテクニックを磨き一等星の光を見せ誰にも負けない強さを手に入れた。


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/50-f2c9c795