fc2ブログ

1984年 F1 第9戦 アメリカGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年 F1 第9戦 アメリカGP

1984年 F1 第9戦 アメリカGP

1984年 F1 第9戦 アメリカGP


開催日  :1984年7月6~8日
開催国  :アメリカ
サーキット:ダラス市街地コース
予選   :6位
決勝   :リタイア

マシン  :トールマン TG184
エンジン :ハート


前戦のアメリカ東GPに続いてアメリカ第2ラウンドは、デトロイトからダラスに舞台を移す。

アイルトン・セナはカナダから連続で予選でシングルグリッドを獲得した。

その要因として

・新シャシー投入

・ハートエンジンのパワーアップ

・ミシュランタイヤへの変更

などを実施しマシンは確実に進歩している。

うまく行っているかにみえる状況だが、 セナとトールマンチームとの間で亀裂が生まれかけていた。


ダラスは予選から気温40度の中開催。

セナはアイスキューブをレーシングスーツのなかに入れてドライブしていたと言われている。


金曜日予選5位、土曜日予選は気温上昇があまりにもひどいため、コース表面が剥がれるという

自体になったため、チームは予選を回避。


この決定はチーム側の一方的な決定のものであり、ドライバーには一切知らされていなかった。

そのためセナは不満を明らかにした。


「僕は午前中にこのサーキットで実際に走っている。

 そうだとすれば、僕が一番コースコンディションを知っているんだ」(「生涯 アイルトン・セナ」より)


このことがきっかけでトールマンとセナの間に亀裂が生じる。

翌年にセナはロータスに移籍をするが、このことがきっかけになったのかもしれない。


最終的な予選結果は、6位スタート。

F1レースで初めての3列目スタートだが、セナにとっては、満足のいくグリッドではなかったはず。


日曜日の決勝。

スタート直後オープニングラップで4位まで順位を上げるが、

2周目にウォールにマシンを当ててしまい、スピン。

タイヤ交換を行うことになり、23位でコースに復帰。

しかし、そのあと9周後に同じ場所で同じミスをしてしまい、タイヤ交換のためピットへ向かう。


結果、最後尾となるが、オーバーテイクを繰り返し、諦めない気持ちで走り続けるセナの勇姿があった。

しかし、49周目にドライブシャフトが折れたことによりリタイアとなった。


セナの奇妙な行動がこのレースにある。

それは、


レース中、シートベルトを外して走っていたのだという。

これは、股の周りをきつく締め付けすぎてしまったためである。

このあとセナは、


「こんな状態では、血の循環が悪くなって、足の感覚もなくなってしまう」

「(ベルトを外し)それでずいぶん楽になった」 (「生涯 アイルトン・セナ」より)

と言っている。


セナの印象として、ストリートコースには異常に強いイメージがあると思うが、

この年のセナは、こうやってリタイアをしていたりもする。

それも今のセナからは考えられないミスを繰り返していた。

しかし、こういう経験があるからこそ、モナコ、デトロイト、アデレードなど市街地コースでの

強さをみせるようなったと考えれる。


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/53-a8ce2076