fc2ブログ

DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第11号 - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 週刊 マクラーレンホンダMP4/4 » DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第11号

DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第11号

DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第10号
DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第11号


今回制作するのは右側のフロントアップライト。

 ・フロントブレーキダクト(右)

 ・サスアームジョイント(右前)、

 ・フロントブレーキハブ

 ・フロントアップライト(右上)

 ・フロントホイールハブ

 ・フロントアクスル

 ・フロントアップライト(右下)

 8号で組み立てた左のフロントアップライトと同様の作業をして、
 車体右側のフロントアップライトを組み立てる。

 組み立てたフロントアップライトには、
 次号でブレーキディスクとブレーキキャリパーを取り付ける。


セナストーリー】
  耐久レースに初参戦
   F1デビューした84年、セナはニュルブルクリンク1000キロレースに初参戦する。
   グランプリの合間での参戦にもかかわらず、彼は素晴らしい走りをみせた。

マクラーレン ホンダMP4/4の軌跡】
  第3戦:モナコGP Part 1 因縁のテクニカルコース
   セナには2つの目標があった。1つは、モナコで2年連続優勝を飾ること、
   もう1つは、チームメート、アラン・プロストのポイントを上まわることだった。

セナワールド】
  デニス・ラッシェン
   FF1600でのセナの速さに魅了されたデニス・ラッシェンは、
   82年のFF2000に参戦したセナを全面的にサポート。セナのタイトル獲得に貢献した。

【セナの歴代F1マシン】
  トールマンTG183B Part 1:TG184のベースマシン
   1982年後半に誕生したトールマンTG183は、
   大幅なルール変更により83年にTG183Bへと進化。
   さらに84年用に改造されたTG184で、セナはF1デビューを果たす。


モナコ編に突入です^^
このモナコGPはセナはいろいろな思い出を残しています、名レースの一つであり、
セナ自身改革が起こったレースでもありますね。



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/54-7c0fdd76