fc2ブログ

1984年 F1 第10戦 イギリスGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年 F1 第10戦 イギリスGP

1984年 F1 第10戦 イギリスGP

1984年 F1 第10戦 イギリスGP


開催日  :1984年7月20~22日
開催国  :アメリカ
サーキット:ブランズ・ハッチ
予選   :7位
決勝   :3位

マシン  :トールマン TG184
エンジン :ハート

F1サーカスは折り返しを迎え、カナダ・アメリカシリーズからヨーロッパラウンドへと移る。

金曜日午前のフリー走行で、セナのチームメイトチェコットが激しくガードレールにクラッシュし

両足骨折という怪我を負い、約1時間の中断があった。


セナは人情に厚く、暖かい人間なのだが、今回は、お見舞いをしなかった。

それは、あえれ自分の精神状態に不安定要素を与えたくなかったからである。


セナは、こういった事故というのは常に嫌っており、マシンの安全性を訴えている。

この後のセナは不安定な精神状態にもかかわらず、最速タイムをマークする。


金曜日予選は、4位と良いポジションとしたが、土曜日はターボの調子が悪く、13位。

2日間全体の予選結果はポールポジションから1秒差の7位につけた。


迎えた日曜日決勝。


スタートした1周目に多重事故が発生。

再度スタートすることに。


その後も11周目にパーマーが事故。

このことが影響して

F1ではめずらしい2ヒート制・合計タイムで順位を決めると言うことになった。


再スタートしたセナは、5周目までにマンセル・アルボレートを抜き6位。

38周目にはトップのプロストがギアボックストラブルでリタイア、暫定5位へ上がる。


その後、66周目にアンジェリスをオーバーテイク。


67周目には、ピケがターボトラブルでリタイア。

セナはこの時点で3位となり、そのままゴール。

セナはモナコGP以来2度目の表彰台となる。

雨のモナコでの走りも印象的だったが、イギリスGPはドライコンディションでの走りを見せつけた。


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/55-e4912a94