fc2ブログ

1984年 F1 第11戦 ドイツGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1984年シーズン(総括) » 1984年 F1 第11戦 ドイツGP

1984年 F1 第11戦 ドイツGP

1984年 F1 第11戦 ドイツGP


開催日  :1984年8月3~5日
開催国  :ドイツ
サーキット:ホッケンハイムリンク
予選   :9位
決勝   :リタイア

マシン  :トールマン TG184
エンジン :ハート


ここドイツホッケンハイムリンクは、魔物が住むと言われている。

そんな仲、パドックでは噂が流れ出す。

セナの動向についてだ・・

トールマンと3年契約を締結しているセナにロータス入りの噂が流れだす。



セナにしてもロータスにしてもコメントはしない。本心はどこにあるのか・・・。


初めてのこういった噂にも負けずセナは、ドイツGPに集中。

超高速サーキットのホッケンハイムリンク。


金曜日予選には、ハートエンジンがバージョンアップし、5番手。

だが、土曜日予選では、エンジンの回転数が1000回転もダウンしたため、タイムアップは

出来なかった。

そのため、9位スタートとなる。


セナからするとトールマンのマシン性能を精一杯引き出しての予選セッション。

さらには、トールマンを安定してドライブするということで高順位に付けている感がある。


決勝レース、

スタートを決め、6位にジャンプアップ。

2周目にはその勢いのままタンベイをオーバーテイクし5位となる。


セナとセナのマシンは超高速コースのホッケンハイムに適している感がある。

そして、徐々に4位のワーウィックにも迫り3位表彰台も見えてきたが・・・・。


しかし・・・・オーバーテイクされたタンベイは、セナのマシンの異常に気がついていた。

それと同時にセナもリアの異常に気がついたが、5周目の第1シケイン手前で、

リアカウルが突然外れ、リアウイングが一緒に吹き飛ばされるアクシデントが発生した。


リアの空気抵抗を失ったマシンは、どうすることもなく、スピンをしながら、コースアウト。

そのままガードレールにぶつかり、リタイア。

セナには怪我がなかったのだが・・・

セナはマシンを降りるとステアリングを投げつけ、怒りと悔しさをにじみ出していた。


セナには勝てると想定されていたのだろう。


セナはその後の1991年にも同じホッケンハイムの第1シケインで時速300kmでリアタイアが

外れマシンが5mも宙に浮き激しいクラッシュをしている。

それでも、セナは大きな怪我はしなかった。

この2度のセナにとって大きな事故だが、このホッケンハイムリンクには魔物が住むと言われている。

しかし、セナにはキバを向けなかったようだ。


セナはいつも事故をしたとき、トラブルが起きたときには事故を最小限に抑えることをしてきた。

スピンをしながらでもマシンをコントロールし、大事に至らないようなぶつかり方が出来るのだ。

それが出来るのはやはりセナであり、神業的なマシンコントロール能力があってからだと思う。



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/58-5bb3a5fe