FC2ブログ

ココはモナコ、モンテカルロ・・・・!! - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » スポンサー広告 » 1992年シーズン(総括) » ココはモナコ、モンテカルロ・・・・!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココはモナコ、モンテカルロ・・・・!!

92年シーズン第6戦モナコGP

予選:3位

決勝:優勝




ポールポジションは、シーズンココまで開幕5連勝と波に乗るナイジェル・マンセル

2位には、同じマシン(ウイリアムズ)のリカルド・パトレーゼ

それに次ぐ3位がセナ。


91年シーズン、マクラーレンホンダMP4/6で開幕4連勝の偉業を成し遂げたセナであったが、

この年ウイリアムズルノー&マンセルにあったりと破られてしまう。

マンセルは勢いそのままに、自信初優勝、チームも初優勝に向け意気揚々。。。


モナコGPの優勝の条件はフロントロウ(1位・2位)。

でもそのフロントロウは、ウイリアムズの指定席となっていた。

しかし、そんな状態でも諦めないのがアイルトンセナ。


決勝スタート直後、抜群のスタートダッシュを見せ、パトレーゼを抜き2位へあがると、

この年は、マンセルの圧倒的な速さについて行けないはずが、

セナもココでは負けれないとばかりに、マンセルトップ変わらずだが、

20~30秒後方で必死にマクラーレンホンダの性能を活かしながら追い掛ける!


残り8周となり、もうマンセルの勝利が目の前に見えてきた瞬間、、、

ドラマの幕開けとなったのです。



動画の下に文面有りです。




----------------------------------------------------------
三宅:「本当に、このウイリアムズ・ルノーの安定性は抜群なモノがあります。
   南アフリカではあの高地でも大丈夫でした。
   メキシコのあのバンピーなコースも、アクティブサスは耐えました。
   そしてブラジルでも、スペインのウェットコースも耐えました。
   そしてサンマリノの暑さの中でも耐え抜きました。
   そしてこの初めてのストリートサーキット、このモナコでも完全なアドバンテージを、
   ウイリアムズ・ルノーは保っています。」


※ピットリポート、川井氏から一報が入る・・・・


川井:「三宅さん、そのウイリアムズなんですが、ピットの方、ちょっと騒がしいですね。
   タイヤ用意していますねぇ」

三宅:「ウィリアムズがですかぁ?」

川井:「ええ。」

三宅:「ああー、そうですか。」

川井:「はい」

三宅:「はい、ああー、ご覧の様に・・・何が起こっているのでしょうか?もうタイヤウォーマーも
   外していますね。」

川井:「そうですね。」

三宅:「えぇ。」


【ピットレーンに入るウイリアムズのマシン】


三宅:「ああっとぉ、これは・・・!どちらか?」

今宮:「マンセル!!」

川井:「マンセル!!マンセルです!!」


三宅:「マンセルだ、ナイジェル・マンセルがピットイン!ナイジェル・マンセルがピットインです。
   何が起こったのか?」


※この時、マンセルとセナの差は28秒。
 このピットインでウイリアムズチームはタイヤ交換に手間取ったが、ピットアウト。
 しかしその時にはセナがトップ!!

 これに怒ったマンセルはフレッシュタイヤを装着しているので、ここからセナを猛追する。
 74周目には予選6位に匹敵するほどのファステストラップを叩き出し、
 残り3周でセナの背後に迫った!!


(残り3周)
三宅:「さぁ、ナイジェル・マンセルがアイルトン・セナの後ろに忍び寄ってきた。
    ナイジェルマンセルが来た。ナイジェルマンセルが来た。
    (今シーズン)これまで(マンセルの)目の前を走った車はありません。
    アイルトン・セナが、初めてこのナイジェルマンセルの前に躍り出ています。
    さぁ~、ウィリアムズ・ルノーの前に初めてマクラーレン・ホンダが走っている。
    マクラーレン・ホンダ、何としてもここは押さえなきゃいけない。
    さぁ~、マンセルが後ろについた」

今宮:「さぁ~、入った!」

三宅:「マンセルが入った、マンセルが入った。
    ストレート、ホームストレート、ホームストレートを駆け抜けていく!
    ここは(セナが)押さえ込む、ここは押さえ込む」

今宮:「いやぁ~、でも(マンセルの)加速がいい!」

三宅:「さぁ、そしてエルミタージュ・・・、あぁ~、行くの行くのか!!」

今宮:「うわぁ~、ここで抜かれちゃうのか!」

三宅:「押さえるセナ、押さえるセナ。76周目、凄いバトルだ!!
    凄いバトルです。これはモナコグランプリ、
    史上に残るバトルになるかもしれません。

今宮:「50回記念ですね!」

三宅:「素晴らしいレースになっている、メモリアルレース!
    この50回目のレースは凄いバトル!
    76周目、アイルトン・セナとナイジェルマンセルの凄いバトルです」


(ローズ・ヘアピン)
三宅:「さぁ、マンセルが行く、マンセルが行く。
    1分21秒台という信じられないタイムを刻みながら
    ナイジェルマンセルがセナの後ろ。
    しかし、セナは押さえる、セナは押さえます!」


(トンネル)
三宅:「さぁ~」

今宮:「きたっ!」

三宅:「さぁ、ここが問題だ、ここ問題だ。ここも抜きどころ!
    シケインの手前で大丈夫かセナ! さぁ、しかし押さえ込む。
    ここのスピードはHONDAは速いぞ!
    ここの最高スピードはHONDAの方が上回っています。
    マクラーレン・ホンダの方が上、ルノーよりも上です」


(シケイン通過)
三宅:「さぁ、問題はこのあたり」

今宮:「あぁ、もう~」

川井:「三宅さん、三宅さん、HONDAの方もですねぇ、ボタンを押せと言うような事、
    言っていますね」

三宅:「はい、ボタンを押せ?」

津川:「オーバーテイクですね」

川井:「オーバーテイクです。たぶん使え、使えって言ってるんですね」

三宅:「もう、あと、あと2周です。
    さ、しかし、
    後ろに来ている! また来ている! またマンセルが行く!
    ラスカスです!」

今宮:「あぁ、いや、でも・・・」

三宅:「これは、外から行く! もうマンセルがどっからでも行ける!」

今宮:「どっからでも行けますよ!」

三宅:「どのコーナーでも行く、どのコーナーでも行く! さぁ、ストレート!」


(ホームストレート 残り2周)
三宅:「ここが問題だ、ここが問題だ。
    さぁ、77周目に入ります。77周目。あと2周です!あと2周です・
    さぁ~ど~か、ナイジェル・マンセルが後ろから、エルミタージュ、
    このパワーは、ここでのパワーはHONDAが上か!
    ルノーエンジンも追いかける、ルノーもモナコ勝ちたい!」

今宮:「今ぁ、ブルーフラッグが出ましたよね」

三宅:「そうですねぇ、しかし、しかしあと2周、セナは絶対譲りません! 譲るわけがない!
    さぁ、こっから下り坂、こっから下り坂。またブルーフラッグが降られている。


(ローズヘアピン)
三宅:「完全にスピードでは、現在のスピード、
    フレッシュ・タイヤを履いたナイジェル・マンセルは、
    完全にセナよりもスピードは上。
    しかし、モナコでは抜かせません。
    アイルトン・セナ、目の前にあるこの勝利チャンスを、
    セナがみすみす逃すはずがありません」

(トンネル入口のコーナ、トンネル出口の加速のためマンセル、コーナーをやや大回り)
三宅:「さぁ~、トンネルの中に入っていった!
    さぁ、後ろに付いた! マンセル、マンセル」

今宮:「これぇ、勝負でしょう!」

三宅:「さぁ、どうか? シケインが待っているが、どうか?
    セナ押さえた、セナ押さえた、セナ押さえます!
    セナ、スライドしながら押さえていく!
    凄いレースです、凄いバトルです、凄いドッグファイトです」

今宮:「抜けないですねぇ」

三宅:「抜けません。抜かせません。
    レッド・ファイブが右に左に懸命にプレッシャーをかけますが、抜けない! 抜けない!
    セナが行く! セナが押さえる。
    さぁ、さぁ~、ファイナルラップが近づいてくる! 最後のラップだ!
    ほとんどもう、ホイールとホイール、ホイールとウィングがくっつかんばかりに・・・、
    ナイジェル・マンセルがまた外から行く!
    ラスカス、ラスカスを抜けた、ラスカスを抜けた」


(ファイナルラップ)
三宅:「これから78周目。これから78周目。
    凄いレースになりました。凄いレースになりました。
    さぁ~、ファイナルラップ! 泣いても笑ってもこれが最後のラップ。
    78周目に入ります。78周目に入ります。
    さぁ、259.584km、この戦いの果てには一体何が待っているんでしょうか?
    アイルトン・セナと、そして、ナイジェル・マンセルとの差はこれだけ!
    たったこれだけ。
    信じられないような、凄いレースになりました。
    さぁ、駆け下りていくアイルトン・セナ。
    アイルトン・セナ、念願の今シーズン初勝利か?
    ナイジェル・マンセルの開幕6連勝も、そしてルノーエンジンの(モナコ)初勝利も、
    モナコでの悲願のマンセルの初勝利もここで消えてしまうんでしょうか?」


(トンネル入口)
三宅:「さぁ~」

今宮:「これは、接触しない限り抜けないですね」

三宅:「え~、これはちょっと無理、無理のような感じがしますが」


(トンネルを出て、シケインへ)
三宅:「さぁ、最後のチャンスだ、最後のチャンス、高速コース、どうか?」
    抜かせないセナ、セナ抜かせない!」

津川:「駄目だ、駄目だ」

今宮:「う~ん、押さえちゃいましたね」

三宅:「ナイジェル・マンセル、勝利の勝利の灯火が、
    向こうでかすかに揺れて今にも消えそうです。
    さぁ、シケインを抜けていった、アイルトン・セナ、やはりモナコでは強いのか?
    4連覇目前、アイルトン・セナ、4連覇目前。
    あぁ、このモナコの4連覇というよりも、この勝利は、
    マクラーレン・ホンダにとっては、おぉきな、おぉきな意味があります!
    さぁ、これからラスカスに入る。
    ご覧の差。
    どんなにしても抜けない。
    ここはモナコ・モンテカルロ。絶対に抜けない。

    さぁ、ここをかわして、最後の直線、最後の直線。

    さぁ、しかし、こっからの立ち上がりはHONDAは速いぞ!こっからの立ち上がりHONDAは速い!
    後ろから、マンセル。マンセルどうか?
    さぁ、ゴールイぃぃ~ン!
    アイルトン・セナ、逃げ切った! アイルトン・セナ、押さえきった!
    今シーズン初勝利、最後の最後、
    ギリギリいっぱいのところで、ギリギリいっぱいのところまで、
    このマクラーレン・ホンダのマシンは我慢しました。」



結局0.2秒差で2台が連なる形でセナがこの年初勝利。
グラハム・ヒルに並ぶモナコ5勝目で 「現代のモナコマイスター」と称えられた。


※ウイリアムズの緊急ピットインは、スローパンクチャを感じたマンセルが指示をして
 ピットインした。

もう一つ、マンセルが、ここまで完璧に勝利を飾ってきていることで、
F1ファンのマンネリ化を押させるため、
ピットインしても勝利できるという計算での演出だという噂もありました。。



スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/6-33485f00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。