fc2ブログ

DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第13号 - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 週刊 マクラーレンホンダMP4/4 » DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第13号

DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第13号

DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第13号
DeAGOSTINI マクラーレンホンダMP4/4 第13号


今回制作するのはサイドポンツーンユニットを組み立てる。

 ・ラジエターホース(左右及び上下)
 ・サイドポンツーンステム(左右)
 ・インタークーラーユニットA(左右)
 ・ラインラベルA

以下ランナーパーツ>
 ・サイドポンツーンユニット(A、B、C)
 ・バッテリー
 ・サイドポンツーンユニットベース

セナストーリー】
  ロータスへ移籍
   セナのF1キャリア2シーズン目は、名門のロータスからはじまる。
   開幕戦はマシントラブルによりリタイアしたが、成長した彼の走りに、
   周囲も期待を寄せていた。

マクラーレン ホンダMP4/4の軌跡】
  第3戦:モナコGP Part3 セナの独擅場
   モナコGPの予選は木曜日より土曜日の方が激しかった。
   ポールポジションを確実に取れる走りをみせたセナは、
   のちに、この日の走りが人生で屈指の走りだと述べている。

セナワールド】
  マーティン・ブランドル
   マーティン・ブランドルは1983年イギリスF3でセナと最終戦までもつれ込む優勝争いを行い、
   人々の記憶に残る名勝負を繰り広げたドライバーだ。

【セナの歴代F1マシン】
  トールマンTG184 Part2:パッケージの改良
   トールマンTG184は、1984年のF1デビューでセナに与えられた
   2台目のマシン。
   TG184で参戦したセナは、初の表彰台を経験することができた。


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/63-7cd3cd27