fc2ブログ

1991年 F1第3戦 サンマリノGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1991年シーズン(総括) » 1991年 F1第3戦 サンマリノGP

1991年 F1第3戦 サンマリノGP

1991年 F1第3戦 サンマリノGP


開催日  :1991年4月26~28日
開催国  :イタリア
サーキット:イモラ(アウトドローモ・エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ)
予選   :PP(55回目)
決勝   :優勝(29回目)



ブラジルGPから1ヶ月空いていた。

F1本拠地のヨーロッパ大陸へと戻ってくる。

その間、この1ヶ月間を利用して、イモラを始として各地でテストを行い、

各チームともマシンの完成度を上げていく作業をしていた。


セナは開幕2連勝と調子が良いようにも見えるが、ウィリアムズルノーの力が気になる。

そして、このことをチームに伝え、シャシー・エンジン共に開発を急ぐようにプレッシャーを与えた。


獲得ポイントこそマクラーレンが優位だが、それはウィリアムズがリタイアをしたりしているだけであり、

力の差ではないことは明白だった。


いよいよF1はヨーロッパラウンドへ突入していく。

金曜日予選、ウィリアムズのパトレーゼ、フェラーリのプロストと激しいタイム争いを繰り広げ

スーパーラップ出してトップ。


セナは、3度タイムアタックを行う。

セナは、タイヤマネージメントにも長けているため、左タイヤの負担が少ないことを見越して、

3回目のアタックで1,2回目の左タイヤでアタックを行った。


土曜日は雨のため、ウエットコンディション。

タイムは各チーム上がらず金曜日の順位で決勝を戦うこととなる。


セナのポールポジション確定。

これで昨年から6戦連続、

サンマリノGPだけでいえば85年以降7年連続のポールポジションを獲得。


僚友のセナとベルガーが土曜日の午前中、スペアカーの権利について言い争いが勃発した。


決勝当日。

スタート前に大雨が降ってくる。

直前には雨は上がったが、コース上はウェット。


そして、意外なことがフォーメーションラップ中に起きた!


プロストとベルガーがコースアウトしたのだ。


ベルガーはそのままゆるゆると戻ったが、プロストは、そのまま滑るように芝生に捕まりリタイア。


このフェラーリのお膝元のイタリア(イモラ)で、醜態を見せてしまったのだ。


いざスタート。

スタートでは予選2位のパトレーゼが一気にトップへ。

セナ以下を大きく引き離す。

そのままのペースで行くかと予想されていたが、

パトレーゼのセッティングはウェット用にしてあり、ウイングは立てた状態にしていた。


それをみて、天候を予測しドライになるであろうと見たセナは、

ウイングを寝かすドライ・ウェットの中間セッティングをしていた。


ウエット状態ではパトレーゼの方が断然有利だが、雨が止み出すとドライセッティングでは辛い。

セナはそのウェットレースを我慢のレースとして見ていた。


他はというと、

1周目にウィリアムズ・マンセルがトラブル

2周目ベネトン・ピケがスピン

3周目にフェラーリ・アレジがスピン

と次々とリタイアしていく。


フェラーリからすると序盤3周で2人ともリタイアするという最悪の状況となった。


一方トップ争いのパトレーゼとセナは・・・

パトレーゼは6秒以上の差をセナにつけて走行していたが、

周回を重ねる毎にコースはドライに向かっていき、セナは中間セッティングのため

差を詰めていく。


10周目、セナは、スリップに入る。

この周の終わりにパトレーゼはタイヤ交換のためピットへ。

パトレーゼはエンジンのミスファイアが生じており、タイムロスを余儀なくされる。

ピットから復帰したときには、周回遅れとなり、その後エンジントラブルでリタイアとなる。


フォーメーションラップ中から混乱を要してきたサンマリノGPだが、

レース途中の順位を確認してみると、、

1位 マクラーレン・セナ
2位 マクラーレン・ベルガー
3位 ティレル・モデナ
4位 ティレル・中嶋悟

とトップ4をホンダエンジンが占めることとなった。

中嶋も好走しており、3位も見えてきたが、16周目にギアボックストラブルでリタイアとなる。


あろうことか、セナは3位をも周回遅れにしようかという勢いでラップを重ねる。

しかし3位のモデナも同じホンダエンジンということで抵抗をしてみる。

が、セナは落ち着いってモデナをパス。

同僚ベルガー以外を周回遅れとする走りを見せた。


42周目、3位のモデナがリタイア。

3位にはベネトンのモレノが上がるが、ギアボックストラブル。


結局、フェラーリ、ウィリアムズ、ベネトンが消え、トップ4と言われるチームでは、

マクラーレンのみが完走をはたす。


しかし、セナも盤石ではなく、後半、油圧低下するということが起こったがマシンコントロールし

見事に完走、優勝を飾る。

2位には同僚ベルガー


マクラーレン、セナ・ベルガーの1-2フィニッシュは初。

3位にはダラーラのJ・Jレートが入り初表彰台。

5位には、ロータスのハッキネンが5位入賞を飾っていた。


F1記録としてタイ記録の開幕3連勝。

だが、この3連勝を素直に喜んではいられなかった。

サンマリノGPは最終的には、優勝できたが、ライバルが自滅・全滅していることがあるからだ。


中盤周回遅れのパトレーゼに抜かれるというシーンあった。

そのため、セナはますますウィリアムズが今年一番のライバルになり、超されるかもしれないという

驚異を感じていた。


その予感は、中盤的中し、マクラーレンを脅かす存在となっていく。



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/69-8e7b6706