fc2ブログ

F1イタリアGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 近代F1について » F1イタリアGP

F1イタリアGP

昨日はF1第13戦イタリアGPでしたね。

予選は、マクラーレンの1-2でしたが、決勝はそうは行かなかったです。


前戦、ベルギーは第1コーナーで大クラッシュが発生したけど、今回のスタートは

事故もなく良いスタートで始まりました。

予選3位のマッサが良いスタートを決め、予選2位のジェンソンバトンをかわし、2位へ浮上。


途中バトンはマッサを抜き2位に浮上して1-2体制。

1位ハミルトン、2位バトンとなる。


しかし34周目にバトンは突然ストップ。

駆動系のトラブルによりリタイアをしてしまった。。


一方で、ハミルトンは盤石なレース運びで、ポールトュウインを飾る。


コンストラクターズトップのレッドブルは2台ともトラブルでノーポイントとなった。


そして、アイルトンセナの甥ブルーノセナは、予選14位

スタートダッシュを見せ、一気に10位にあがるとそのままの順位をキープしてゴール。



ポイントランキングは
1位アロンソ
2位ハミルトン
3位ライコネン
・・・・
16位ブルーノセナ


コンストラクターズランキング
1位レッドブル
2位マクラーレン
3位フェラーリ

というランキングです。


このイタリアは高速サーキット。

燃費もタイヤもきついサーキットだけど、パンクなどのトラブルもなく事故フリーで

レースを終えてくれたことがうれしく思います。

大事故の後のレースって神経もぴりぴりするから、みんな緊張感があるんですよね。

だから、みんな慎重なスタートでかつ、大胆なスタートをしましたね。


名門フェラーリのパフォーマンスでティフォシたちも大盛り上がり!


こういう風景はいつ見ても良い物です^^


良くマッサのオンボードカメラの映像が流れたけど、

ステアリングの真ん中にフェラーリのマークがある上に数字が変化していましたね。

(現在のギア位置の数字)

これも昔だと、ミッションだから、見えなかったけど、今はデジタルでセミオートマだから

見えるんですよね。(数年前からですが・・・)


こういうのを見れると、

「お!今2速で回った。。1速まで落としているんだ。。。」

「マッサは3速でここは回るんだね」

っていうようなことがわかって違った意味で面白いですよね^^







スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/7-de5bce99