fc2ブログ

1991年 F1第4戦 モナコGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1991年シーズン(総括) » 1991年 F1第4戦 モナコGP

1991年 F1第4戦 モナコGP

1991年 F1第 4戦 モナコGP


開催日  :1991年5月9・11・12日
開催国  :モナコ
サーキット:モンテカルロ市街地コース
予選   :PP(56回目)
決勝   :優勝(30回目)



1991年のセナは、表面上絶好調に見える活躍をしている。

セナは、開幕3連勝とし、タイ記録も樹立。

その後の、セナにとって、得意のモナコとあり、開幕4連勝も見えてきた。

開幕3戦、常にウィリアムズが最大のライバルと言ってきているセナにとって、

やはりウィリアムズは驚異となるのか?

しかしこのモナコでは、ドライバーの度胸・腕がもろに出てくるサーキットのため、

セナにとっては、このレースだけで言えば、ウィリアムズは敵ではなかった。


予選木曜日・土曜日ともトップタイムの樹立。

前年から7戦連続のポールポジションを獲得。


極めつけは、予選土曜日。

セナは予選タイムをたたき出した後、ピットへ戻らずモナコの自宅マンションへ帰ってしまうほどの

余裕をもっていたくらいであった。

セナは、

「あのレベルに他のドライバーが近づけるとは思わなかった。
 レース用のセッティングも仕上がっていたからね」


決勝当日。

結果を言うと、ポールトュウインの快勝!


予選2番手のモデナ(ティレル)がセナにピッタリと食いついていく。同じホンダエンジンを搭載。

しかし、モデナのミス、周回遅れの処理に手間取ったりとしているうちに、セナに離されていく。

9周目、マーシャルがコースを横切るシーンに遭遇し危うくぶつかるところであったが回避。

セナにペナルティはなかった。


その後も順調に周回を重ねるセナ。

終盤、プロストとマンセルのバトルが勃発し、マンセルが2位へ浮上。

しかし、セナとの差は18秒というものであり、このモナコでの18秒は大勝に等しいくらいの圧勝。


そんなセナでもマシンが順調だったかというとそうではなかった。


エンジンの油圧低下がレース終盤に起こり、エンジンを労る走行に切り替える。

エンジンの回転数を出来るだけ上げないようにし、シフトアップを早めに行う。

そうしたことでマシントラブルを広げることなく、ゴールへ・・・


ピット側のトラブルなのか解らないが、残り周回数の間違いが起こり、セナは、

ウイニングランにもかかわらず全力で走り抜けてしまった。というシーンも面白い。


セナは通算30勝目、節目の勝利を挙げることとなる。

そして、この当時としては史上初の開幕4連勝を飾った。

セナ&マクラーレン、

勢いはそのまま最終戦まで続くかと思われたが、マクラーレンホンダにとっては、

トラブルが発生し続けていることもあるし、ウィリアムズが驚異だということを

理解しているセナにとっては、この4連勝も安心できない材料となっていた。


しかし記者会見場では、セナはこうコメントとしている。


 「確かにトラブルはあったけど、今回は特にコメントするのはやめるよ。
  結果が全てだからね。…あとは他の2人に聞いてよ!」


と・・・・


このレース以降、マクラーレン・ホンダ・セナはウィリアムズの強さを目の当たりにすることになる。



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/71-f60bd740