fc2ブログ

1991年 F1第 6戦 メキシコGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1991年シーズン(総括) » 1991年 F1第 6戦 メキシコGP

1991年 F1第 6戦 メキシコGP

1991年 F1第 6戦 メキシコGP


開催日  :1991年6月14~16日
開催国  :メキシコ
サーキット:アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
予選   :3位
決勝   :3位



カナダGPに続き、F1は北米となる。

北米決戦の第2戦目はメキシコ。

バンプが多い路面で有名なエルマノス・ロドリゲス サーキット。

セナはカナダGPからメキシコGPまでのしばらくの休暇時間を

ブラジルで過ごした。


しかし、6月9日にジェットスキーで後頭部を5針縫うけがをしたことは有名。


セナは記者会見で

「日曜日に、傷口の針の数だけポイントを獲れれば文句はないよ」

とジョークを飛ばす。

幸い外傷だけで済んだがセナの後頭部は痛々しく、

レオスのヘルメットにも加工を施した。

傷部分が直接に当たらないように内装を改造した。


この週末のセナの不運はこれだけではなかった。


金曜日の予選、2度目のアタック中のこと。。。


めずらしくセナは最終コーナーのバンプに乗ってしまい、バランスを崩しコースアウト。

マシンは、後ろからタイヤバリアに激突、そのまま裏返ってしまった。

セナにけがはなく、無事だったが、現状のマクラーレンが伸び悩んでいる、

直面している問題が明らかになったかにも見えた。


セナのドライビングテクニックからすると、ここまでのクラッシュはめずらしい。

だが、裏返しで言えば、マシン性能を限界以上引き出して攻めていた証拠でもある。


それも、セナが当初から訴え続けていたウィリアムズルノーの驚異が目に見えて明らかになってきた。


マクラーレン、ホンダともに追い詰められた。


これも印象的だったが、セナはフジテレビのカメラを見つけカメラに向かって、

「ホンダよ!もっと頑張れ!良いエンジンを!」

と訴えた!


しかし、これもホンダとセナの強い絆から生まれた光景でもあった。


セナはそれくらいホンダを信頼していた。だからこそ、”もっと努力せよ”と訴えたのだ。

金曜日予選3位。

土曜日予選は途中から雨になったため、金曜日のタイムとなる。

ポールポジションは、パトレーゼ、2位マンセル、3位セナとなる。

3位だが、パトレーゼからは0.5秒以上も離れている。


力の差が歴然としてきたのだ。


ウィリアムズは、セミオートマティックトランスミッションを搭載している。

そのトラブルがだんだん解消してきているため、本来もっているウィリアムズの能力が発揮された。


日曜日決勝。

スタートが2度やり直しになるアクシデントもあったが、3回目で順当なスタートを切る。

レースは序盤から動く。

マンセルがトップになり、アレジがセナのインから2位へ上がる。

セナは、3位のまま、パトレーゼは、1コーナーでアウトなってしまったため、4位へ後退。


1コーナーでアレジに抜かれたセナ。

しかし次の周の1コーナーでアレジを捕らえ、2位へジャンプアップ。

その後、4位へと順位を下げたパトレーゼがアレジをかわしセナへ迫る!


セナもテクニックでパトレーゼを抑えに掛かるが、11周目のメインストレートから1コーナーに

かけてパトレーゼがかわしていった。


セナのマシンは、ストレートタイプのセッティング。

それにも係わらずストレートでかわされた。


このことでマクラーレンとウィリアムズのマシン差がはっきりとしたのだ。


1位争いは、ポールスタートのパトレーゼがマンセルをかわして1位に、

パトレーゼのマシンは順調だったが、マンセルのマシンには、エンジンのパワーダウンが

発生していたため、それほど無理は出来なかった。


33周目の1コーナーでは、セナがマンセルに勝負をしかけるが、マンセルが2位を死守。

その後セナはマンセルに迫っていくか?と思われたが、

マンセルのエンジンは、混合気(ミクスチャー)をあげて濃くして走ることでパワーダウンが

なくなると判明!そのため、マンセルはペースを上げられた。


そのため、セナはウィリアムズ2台に着いていくことが出来ず、

トップから1分近くの大差で敗退。3位でゴールすることとなる。


開幕戦~4戦目までの流れは完全に断ち切られ、ウィリアムズの流れに変わってしまった。

それでもセナは、流れをこちらに引き寄せようとするが、マシンの差が違いすぎて

セナの腕でもどうすることも出来なかった。


マクラーレンのシャシー・エンジン・ガソリンすべてにおいて改良が必要である。

改良が施されパフォーマンスが上がるまで、セナにとってはフラストレーションのたまる

レースが続いていくこととなる。


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/73-6771738f