fc2ブログ

1991年 F1第7戦 フランスGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1991年シーズン(総括) » 1991年 F1第7戦 フランスGP

1991年 F1第7戦 フランスGP

1991年 F1第7戦 フランスGP


開催日  :1991年7月5~7日
開催国  :フランス
サーキット:マニ・クール サーキット
予選   :3位
決勝   :3位



 前のレースである、メキシコGPではウィリアムズはマクラーレンを凌ぐ

パフォーマンスを見せられる結果となった。

開幕4戦までのマクラーレンの勢いはどこかに行ってしまい、

ウィリアムズを追う展開という構図になってしまっている現状があった。


そして、このフランスでは、フェラーリが643を投入し、マクラーレンを追随する!

昨年までのポール・リカールからマニ・クールへとフランスGPは移動してきた。


このサーキットが新しくなるという点においては、セナに優位に働くと見ていた。

セナは、新しいサーキットへの対応能力が非常に高く、ライバルより適応を素早く出来ると睨んだ。

当時、今宮純氏は

「セナだけにはベストラインが見えているはず」

と言っていたほど。


金曜日予選は、セナのパフォーマンスに加え、シェルの新ガソリンもドンピシャあたり、暫定ポール。


だが、土曜日の午前中シリンダートラブルにより走ることが出来ず、

午後の予選ではニューマシンのフェラーリのプロスト、ウィリアムズのマンセルには

及ばず3番手。

予選結果は、ポールポジションはパトレーゼ、2位プロスト、3位セナ。


日曜日決勝当日

ポールスタートのパトレーゼがスタート失敗。

しかしマンセルがセナの前に入りプロストとのトップ争い。

ウィリアムズ、ニューマシンのフェラーリには付いていけないとセナは判断した。

そのため3位死守で淡々と走る我慢の走行が続くが、燃費問題が発生し、ペースを上げれない。

その関係でフェラーリのアレジが寄ってきた。


僚友のベルガーもエンジントラブルで早々にリタイア。


ベルガーはトラブルが多いのだが、ホンダV12エンジンはオーバーレブに弱く、

そのベルガーもオーバーレブが多いためトラブルを巻き起こしやすくなっていた。


この件について、セナもホンダに強く言っていたようだ。


レースはというと、


セナはアレジを押さえ込みながらゴールへと導いて結局は1位マンセルから34秒差の3位。

マンセルの性格上調子に乗り出すと誰にも止めれないくらいな状態になっていく。


年間ポイントでは、まだセナが4連勝、その間のマンセルのリタイアなどがあるため、

ポイント上はリードをしているが、リアルタイムでの状況判断、今後の予想からすると、

ウィリアムズが圧倒的優位に立っていることは間違いなかった。

しかし、セナはこの時、プロストからシーズン全体を通してのことを考えるようになっているため、

優勝は出来なくてもポイントを少しでも稼ぎ、挽回のチャンスを待つという技術を身につけていた。。



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/74-4ad2dcdc