fc2ブログ

1991年 F1第10戦 ハンガリーGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1991年シーズン(総括) » 1991年 F1第10戦 ハンガリーGP

1991年 F1第10戦 ハンガリーGP

1991年 F1第10戦 ハンガリーGP


開催日  :1991年8月9~118日
開催国  :ハンガリー
サーキット:ハンガロリンク サーキット
予選   :PP(57回目)
決勝   :優勝(31回目)



 ハンガリーGP開催前8月5日、ホンダの創始者である本田宗一郎氏が心不全のために亡くなった。

本田氏はしばしばサーキットにも姿を見せており

「オヤジさん」

と慕われていた。


本田氏は特にセナを可愛がっていて、

セナも本田氏のレーシングスピリッツや開発スピリッツに共感し、

お互い尊敬し合っていた。


そんな本田氏は生前、自分が亡くなっても特別なことはするな、と言付けていた。


ホンダ陣営スタッフは当初、その「遺言」を守るべきか否か迷っていた。

その時にセナは

「亡くなった本田宗一郎氏に哀悼の意を表するのは当たり前のことだ」

と、迷うことなく腕に喪章をつけてレースに臨んだという。


ホンダ、マクラーレン、シェル…すべてのスタッフが喪章をつけ心が一つになった時だった。


「絶対に勝つんだ!」


前のレースにあたるドイツGPでコンストラクターズ・ポイントを逆転。

さらにはドライバーズポイントに至っても30点以上リードしていたポイントも

いつの間にか8ポイント差にまでマンセルが迫ってきていた。


そして、このレースにおいて

マクラーレンは軽量化シャシー

ホンダパワーアップしたエンジン

シェルは改良したスペシャルガソリン

を投入してきた!


そして、マクラーレンはセミオートマティックトランスミッションを投入してきた。

決勝レースでは使うことは無かったが、

チーム一丸となって

本田氏に捧げる

「勝利への執念」

を見せた。


マクラーレンの軽量化シャシーはセナのみに与えた。

マクラーレンは基本的にチームオーダーは無い。

だた、マシンに関してはセナを優先していたように思えるが、開発している途中のため

先行して導入したとして考えるのが良いかもしれない。

マクラーレンは、コース上で正々堂々と戦わせるとしているので、

ドライバーに対して、順位を操作することは無かった。

金曜日予選

ベルガー・セナと1・2ポジション

3位以下は、プロスト、アレジ、マンセル、パトレーゼ


次の土曜日予選はウィリアムズ勢は挽回を図ってきたが、

結果セナが1.2秒以上上回り、モナコ以来のポールポジション獲得。



日曜日決勝

ポールポジションのセナと2番手パトレーゼのトップ争いだが、1コーナーでの争いはすばらしく

正々堂々としていた。

そして、セナのテクニックと勝利への執念、ホンダのパワーがパトレーゼを勝った。


ホンダは和光研究所で調整した決勝用エンジンを土曜日夜にハンガリーに到着させた。

ホンダもこのレースは宗一郎氏のために絶対に勝たなければならないレース


このハンガロリンクは低速サーキット、コーナーが多く抜く箇所は限られている。

そのセナは完璧なラインでパトレーゼを抑えていく。

序盤セナはタイヤに異常を感じていたが、そのまま走り続けることでトップを死守した。


ウィリアムズ勢2人はブレーキトラブルが発生していたため、

セナのマシンに飛び込めないでいた。

45周目のホームストレートでマンセルはセナのスリップストリームを使い1コーナーで

並びかけるが、セナのギリギリのブレーキングでマンセルを前に行かせない。

その後は、セナのテクニックが光り勝る。

最終コーナーから1コーナーの間は、マンセルにスリップストリームを入らせないような

ドライビングをしていき、マンセルとの間隔をコントロール。


そして、セナはそのままチェッカーフラッグを受けた。

モナコ以来の勝利となった。

本田宗一郎氏に勝利を捧げるべく、セナは全身全霊をかけて走りきった。

セナの想いは本田氏に十分に届いただろう。

セナの本田氏への親愛なる想い・・・・


前年鈴鹿で本田氏はセナの肩を抱き、「ナンバーワン」と言った。

そして、セナに「ナンバーワンをエンジンを作るから!」と言った。


その言葉を天からセナに伝えているようにも思えた。


セナも表彰台の真ん中で本田氏への勝利の報告をしているかのようにも見えた。


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/77-dc731349