fc2ブログ

1991年 F1第11戦 ベルギーGP - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 1991年シーズン(総括) » 1991年 F1第11戦 ベルギーGP

1991年 F1第11戦 ベルギーGP

1991年 F1第11戦 ベルギーGP


開催日  :1991年8月23~25日
開催国  :ベルギー
サーキット:スパ・フランコルシャン サーキット
予選   :PP(58回目)
決勝   :優勝(32回目)



第10戦ハンガリーGPで見事ポールトュウインを飾ったセナ。

ここスパは、セナにとって得意のサーキット今年勝てばスパで4連勝となる。

ホンダは、エンジンの上にあるトランペット部分の長さを自動的に変えることで

エンジンパワーを引き出すという「可変吸気トランペット」を導入。

この技術は1年近くかかるとされているが、1ヶ月半で完成させた。


マクラーレン・ホンダ・シェルともに新兵器を投入!

前半戦の勢いを取り戻すため!チャンピオンを獲得するためにこのレースでも

勝つことを必須として頑張ってきた。

とはいうものの、

エンジンパワーだけではなく、トータルの性能で上回り特に空力性能面で優れている

ウィリアムズは金曜日午前のフリー走行を1-2で終える。

しかし、セナはマクラーレンとともにセットアップを繰り返し、

午後の予選でベルガーを引き連れ1-2。

土曜日予選ではさらにそのタイプを短縮することに成功し、

マンセル・プロストに一秒以上の差をつけ、ハンガリーに続く2戦連続のポールポジションを獲得。

ウィリアムズのパトレーゼは車検でアウト。

土曜日のタイムが無効となり17番手スタートとなる。


このベルギーGPでは、大物新人がデビュー。

将来7度のチャンピオンに輝き、100勝以上もした、

皇帝:ミハエル・シューマッハがジョーダングランプリよりデビュー。


デビュー戦にもかかわらずチームメイトよりも上の7番手を獲得。

弱小・中堅チームからデビューをしたとしても自分の力を100%以上のものを発揮し

存分にアピールする点においては、シューマッハも同様の素質を持ち合わせていた。


さて日曜日決勝

セナはスペアカーで走った。

プロントローにはセナ・プロスト。

狭い第1コーナーであったが、何事もなくクリア。


デビューレースとなるシューマッハはというと、最初の上り坂でクラッチを壊してリタイアとなる。

しかし、このことがきっかけで、シューマッハは次戦イタリアからベネトンに移籍。

ロベルトモレノと入れ替わる結果になった。

これがシューマッハの選んだ道である。


レースはトップセナ、2位マンセルとなり、

プロストは、3周目にエンジンを壊してリタイアとなった。

セナとマンセルのチャンピオン争いが勃発!


16周目、ついにレースが動く。

セナがタイヤ交換のためピットに入るが、ピット作業が上手くいかず、

セナは5位でレース復帰。


ベネトンピケ、ベルガーもピットインをした関係で3位にアップ。

トップにはマンセル、2位アレジという構図となった。


マンセルは、しばらくトップを快走したが、23周目に電気系トラブルによりリタイア。

チャンピオンシップ争いで逼迫してきたマンセルが消えたことはセナにとっては大きなレースとなる。


マンセルのリタイアによりトップを走るのはアレジ。

アレジはタイヤ無交換作戦を実行していた。

マンセルに代わり1位を走るアレジはタイヤ無交換作戦を敢行しようとしていた。

セナは現時点で2位。

しかし、そのセナにもギアボックストラブルが発生しそうになり、一旦ペースダウン。

だが、ペースを戻しアレジを追走。

ここが、マシンのトラブルを事前に回避できる能力のあるセナの特権でもある。

マシン・機械の異常をすぐに察知しそれを広げないような走りを出来るのがセナなのである。


セナが追走する中、アレジは31周目にエンジントラブルでリタイアした。

このためセナはトップに戻ることが出来たのだ。


残り13周というところに来て、後方からチェザリスとパトレーゼが迫ってきた。

そのチェザリスはエンジントラブルでリタイア。

パトレーゼもギアボックストラブルにより後退。


このスパは生き残りレースとなったが、セナは最後まで残ったが、

セナもギアボックストラブルを抱えていたため、楽なレースに見えるが双ではなかった。

後のセナの話では、

「3速・6速を探しながらの走行だった」

という。


通常のドライバーであれば、この時点でリタイアするか、ギアボックスを壊してしまうだろう。

しかし、セナはマシンを労る走行で早く走れる能力があるため、

トップでのチェッカーを受けることが出来た。


スパという非常に難コースでドライバーズサーキットと呼ばれるレースを制して、

4年連続5回目の勝利となる。

ポールポジションからの逃げ切りレースとはならなかったものの、

マシンとの共存をしながらのレースはセナにしか出来ない芸当なのかもしれない。


これで、マンセルがリタイア、セナが優勝したことでチャンピオンシップ争いでも

貴重なポイントを獲得したことになる。


スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/78-570ce93a