fc2ブログ

1984年はセナにとってのF1デビューイヤー - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » アイルトンセナの戦績 » 1984年はセナにとってのF1デビューイヤー

1984年はセナにとってのF1デビューイヤー

1984年シーズン

マシン        :トールマン・ハート
シーズン       :シリーズ9位(13点)
優勝         :0回
最高位        :2位
ポールポジション  :0回
ファーステストラップ:1回


トールマン TG183B ハート(第1戦~第4戦)
トールマン TG184  ハート(第5戦~)


イギリスF3シリーズを圧勝で制し、F1デビューを果たした年。

新人ながらウイリアムズ、マクラーレン、ブラバムというチームからデビューオファーがあった。

だが、セナは、出来るだけ、自分の力を試すという試みもあり、中堅チームからデビューすることを決めた。

戦闘力的には、トップチームからするとかなり劣るが、

デビュー2戦目で初入賞。

デビューイヤーのモナコでは雨。その雨の中当時、トップドライバーであるニキラウダなどの強豪を

かわし2位表彰台を獲得するという、デビューしたてのドライバーとは思えない走りを見せ注目を得る。


マシン自体も改良を加えていき、最終戦ではもう一息でポールポジションという状況まで来ていた。

セナはマシン開発にも長けているということがこの年からでも理解できる。


 
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/8-e626b8d0