fc2ブログ

三国志の劉備玄徳は誰のおかげで皇帝になれたのか? - 英雄アイルトンセナの世界

英雄アイルトンセナの世界 ホーム » 0から稼ぐ » 三国志の劉備玄徳は誰のおかげで皇帝になれたのか?

三国志の劉備玄徳は誰のおかげで皇帝になれたのか?

私は三国志が大好きで、横山光輝さんの三国志60冊を一気に買いました。

中学生の時ですけどね。


その後も兵法書やいろんな三国志にまつわる書籍を集めては読んでいます。


その中で、主人公になっているのが、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備の3人

この3人が建国した時点で三国志が始まるのですが、

それまではいろんな登場人物がいて、人間模様が描かれています。


曹操・劉備・呂布、などいろんな猛者がいましたが、ことごとく、曹操・劉備たちに

破れていきました。


曹操はすごく優秀で部下を育て人材を増やし国土も増やしていきましたが、

劉備は以前として、3人で旅をすることが多かった流浪人です。


まったくのダメ人間でしたが、関羽・張飛と剛勇2人と桃園の誓いをした3人だからこそ、

乱世を生き抜いて来れたと思っています。

そんな劉備が蜀の皇帝にまでなれたのは、誰のおかげでしょう。


劉備一人の力ではなく、軍師の力があってのことなんです。


曹操ですら、軍師はたくさんいました。

孫権もしかりです。

劉備には三国志史上最強の軍師、諸葛亮孔明が着いたのです。


その軍師が着いたことで、蜀の皇帝まで成り上がりました

そうでなければ一生流浪人だったと思いますね。


劉備一人、関羽一人、張飛一人だけでは何も出来なかったのです、

頭がいる、指導してくれる指導者がいるのです。


そうすることで、今までなしえなかったことまでなし得てしまうのです。


そういった事実があることから、軍師はとても大切な存在とされてきました。

助言者、それも有能な。

です。


一人いるかいないかで、その人の人生が変わってしまうほどの影響力をもっているため、

そういう人と知り合いになる、仲間になるということは非常に今後を左右することになるんですね。



ですから、もしあなたが仕事やプライベートでもネットビジネスでも何でも良いんです。

一人でコツコツをしていることがあるのであれば、

仲間を見つけ、そして一緒に成長していけるような環境を作ることが

今後の人生に大きな転機をもららすことになると確信しています。




sns4



スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ayrtonsennadasilva.blog.fc2.com/tb.php/93-d8c288cd